ボディソープが背中ニキビの原因になるのはナゼ?

ボディソープが背中ニキビの原因になるのはナゼ?
背中ニキビもうイヤッ!何やってもブツブツや跡が治らない貴方へ > ボディソープが背中ニキビの原因になるのはナゼ?
病院や色々な薬を使用したけど背中ニキビが治りませんでした。

ボディソープが背中ニキビの原因を考えられる理由について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

まず始めに、ボディソープというのは合成界面活性剤といった洗浄力の高い成分が配合されているので皮脂を奪ってしまうといった特徴があります。

 

 

ニキビと言えば、皮脂が原因とされるために上記を見るとボディソープは好都合のように思いますが、過剰に皮脂を取り除きすぎると人間の体は防衛反応として皮脂を過剰に分泌してしまうので結局ニキビの原因を生んでしまうことになるのです。

 

 

また、ボディソープは洗浄力の強さだけではなく残留性もあるので、保湿力のある油分が配合されているものが殆どで、その落としきれない油がアクネ菌のエサとなってニキビが増えてしまうこともあります。

 

背中ニキビの為の石鹸の選び方

 

背中のニキビには、まずはボディソープで洗うことを止めることが第一で使用するのは“弱アルカリ性の純石鹸”がお勧めとなります。

 

 

理由として、上記のような石鹸は肌荒れの原因になる香料・防腐剤はもちろんのこと油分、合成界面活性などが無添加の天然成分だけで作られているので、洗浄力の強さや油分などが残留してトラブルに発展する心配がないのです。
加えて、弱アルカリ性ということで余分な皮脂や汚れはしっかりと落としてくれます。
(純石鹸は、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムといった天然由来の成分で作られています。)

 

 

つまり、余分な皮脂・汚れを優しく落とすというのが弱アルカリ性の純石鹸の特徴となります。(我々の肌は、弱酸性に保たれていてその状態の肌が健康な印となるため、アルカリ性の石鹸で肌がアルカリ性に傾いてしまうといった懸念がありますが、しばらくすると肌は弱酸性に戻るのでその点の心配は要りません。)

 

 

現在、ボディーソープを使用して背中ニキビが気になる場合は弱アルカリ性の純石鹸に換えてみましょう。
あとは、お風呂上りは必ず保湿を行うこと。

 

 

背中も顔と同じで保湿をすることで、ターンオーバーも正常化されてニキビやニキビ跡の改善がされやすくなります。

 

 

>>> ニキビができにくい背中にするには保湿が絶対!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加